二次会は堅すぎず砕けすぎない服装で出席しよう

白いドレスを着た女性

二次会の服装選びはポイントを押さえると簡単

二次会と言っても様々ですから一概には言えませんが、例えば、結婚式の二次会に出席する場合は改まった場に出席することになりますから、やはり服装には一層気を遣う必要かあります。

二次会の服装選びは基準が曖昧なこともあって判断がつきにくい面もありますが、あるポイントを押さえるとその場に合った服装を簡単に選択できるようになるはずです。そのポイントについて触れていきます。

二次会の服装指定で多い「平服」とは

一般的に二次会は、平服での出席が望ましいと言われています。服装の指定がされている場合、殆どと言って良いほど平服という服装が指定されており、特に指定がない場合でも平服を着ていれば問題はありません。

ではこの聞きなれない言葉の「平服」とは一体どのような服装のことを指すのでしょうか。それは、フォーマル程かしこまらずに、それでいて普段着よりも礼儀を持った服装のことです。

少しわかりにくいですが、例えば、結婚式の二次会で言うと、華やかすぎないドレスなどがそれにあたります。

二次会で使える具体的な服装例

平服と言われてもいまいちピンときていない方も多いかもしれません。ではここで少し具体的な服装例について触れていきましょう。

平服とはその場の節度をわきまえた服装のことを言いますから、その場によって適する基準は変わっていきます。お祝いの場など、少し落ち着いた雰囲気のある会に出席する場合ではあまり華やかな衣装は適していると言えません。

反対に、パーティー性の高い二次会ではある程度の華やかさが求められます。これらを踏まえた上で具体例を挙げるとすれば、目立ちにくい色のワンピースかフォーマルすぎない軽めのスーツがどんな場にも柔軟に対応できる代表と言えるでしょう。

二次会に適さない服装にも注意を

二次会は服装の制限が比較的甘いので、ある程度自由度のある服装選びが出来るのですが、絶対にしてはいけない服装というものもあります。

その服装とはどのようなものかというと、主催者より目立った服装です。これはどのような場にも言えることですが、フォーマルな会合と同じように二次会でも目立ちすぎない配慮をすべきでしょう。

目立たないようにするためには、白色を避け、やや落ち着き目のある配色の服装を選択するのが一番の方法です。

参考サイト■二次会景品 https://k-hompo.com/